【インタビュー】7.13水害を振り返る

17年前の今日、平成16年7月新潟・福島豪雨「7.13水害」が三条市で発生。
その当時のリアルな状況を取材しました。
自然の豊かさと脅威が表裏一体で存在している日本。
過去の大きな被害はこれからより自然と共存していくために語り継いでいきたいものです。

CAPTAIN STAG八木ヶ鼻オートキャンプ場ホームページ
「ASOBISAI CAMP 2021 特別インタビュー Vol.01 ~7.13水害を振り返る。~」

濁流に飲み込まれた三条の街中。〈提供:キャプテンスタッグ株式会社〉

このインタビューはNPOソーシャルファームさんじょうが今年9月に
「ASOBISAI CAMP 2021」というイベントを開催するにあたり行ったものです。
本イベントは「遊びながら、そなえよう」をコンセプトに、キャンプや日常を楽しみ、
それを続けていくことで災害に備えることを目指した企画です。
詳しい情報はCAPTAIN STAG八木ヶ鼻オートキャンプ場ホームページにて随時更新します。

三条市地域おこし協力隊(下田チーム)の最新活動情報はこちら
Facebook
▶Twitter
▶Instagram
YouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*