棚田再生プロジェクト

棚田再生プロジェクト〜田植え〜

田植えの様子

みなさんこんにちは!
最近初めて食べた下田産のお米の味に感動した山口です(*゚▽゚*)

今回は前回の「代掻き」に引き続き「田植え」の様子をお伝えします。
線引きから実際の田植えまでを手作業で行っています。

DSC_1748
→「井桁ぐみ型枠」による線引き作業。これをコロコロ転がし苗植えの目印にします。泥に足を取られるので結構大変な作業です

上記の写真は当NPOの農業担当「鈴木」さんが線引きをしている様子です。
足を一歩進めるのも慣れないと大変そうでした。

DSC_1688
→よーし田植えするぞ!と背中で意気込みを語っています。真ん中は指導してくださっている農家さんです。いつもありがとうございます。

苗を植える目印をつけたらいよいよ苗を植え付けます!
地元農家の方に苗の持ち方植え方を教えてもらい、いよいよスタートです(^-^)/

田植え
→全員横一列に並んでのスタートです。

田植えが始まるとメンバーは悪戦苦闘しながらも挑戦していきます。
この苗を植えるという作業が面白いようで、みんな夢中で植えています。

DSC_1783
→田植え完了!

田植えを終え、棚田を見下ろすとみんな達成感を得ています。手作業なので尚のことその感動は強い様子。
田植えをしている時も終始笑顔でした。
一体感、感動、達成感、この田植えでメンバーが感じたこと、得たことはとても大きいと思います。
この経験を、下田の活性化にどう活用するか。メンバーそれぞれの想いを形にしていく工程が始まります。