しただ塾

しただより 第1回

皆さん、はじめまして。

しただ塾のC級コピーライターこと濱本です。

埼玉県出身の30歳です。

 

今回はご挨拶をかねて、僕がしただ塾に参加をした理由について

お話しさせてください。

 

僕の参加のきっかけは、「以前から地域おこしやまちづくりに興味があり…」

なんてカッコいいもんじゃないです。

むしろ、

地域のこと、興味はあるけど全然知らない。

自分が何をしたらいいのかも、わからない。

これが正直な思いでした。

そんなとき、日本仕事百貨で塾生募集の記事を見つけ、自分のいまのモヤモヤした思いを晴らすには参加するしかないと思いました。

 

記事内容はこちらから↓

http://shigoto100.com/2016/09/shitadajuku.html

 

記事の中で、参加を決めた大きなポイントが2つあります。

1、地域資源を活かして仕事をつくることができる。

2、滞在型なので、地域のことをよそ者視点だけでなく、生活者目線でも知ることができる。

 

そしていま、下田で生活をして1ヵ月。

日々、様々な体験や交流をしていく中で、webや本では得られない知識や出会いがあり、

「下田のこれから」という問題が確実に自分ごとになってきている自覚があります。

この自分ごとになった知識や経験を活かし、卒業の来年2月には「自分のしごとをつくる」ということが、

いまの僕の目標です。

 

まじめなことばかり書いてしまいましたが、もう1つ参加を決めたポイントがありました。

これが1番大きいかも(笑)

 

3、説明会の日が自分の誕生日だったから。(勝手に縁を感じてしまいました)

 

今回は気が付けば、自分のことばかり書いてしまいました。(スイマセン)

次回からは下田のことをたくさん発信していきたいと思いますので、

皆さんどうぞよろしくお願いします!

 

ではまた!