【活動報告】三条東高校地域探究学習、協力隊担当チームが地域文化コース最優秀賞を受賞!

昨年の夏から三条市地域おこし協力隊下田チームが三条東高校の地域探求学習と連携し、「下田のいしぶみの魅力を市外の人に伝えるには」をテーマに校外学習の企画・実践で一緒に活動してきました。
私たちは地域文化コースの2班を担当させていただき、全部で6班ある中の最優秀賞に選ばれました!おめでとうございます!

2020年8月、校外学習①で企画会議をしています@旧荒沢小学校
2020年10月、校外学習②でSNSに載せる”映え”写真を撮影中。

時間が限られている中、バスで下田まで足を運び、メンバー同士で話し合ったり、イラストやSNSの投稿内容を作成している一生懸命な姿が印象的でした。協力隊のラジオ番組に出演したり、Instagram・Twitterでの情報発信をしたりと高校生ならではの企画となりました。
ラジオの様子はこちらの記事から▶【協力隊ラジオ】しただ×高校生=新たな可能性
いままで下田に来ることはなかったそうですが、これをきっかけに下田の魅力に触れられたのではないかと思います。

スタンプの一例。

彼女たちが今回の探求学習で作成した「いしぶみLINEスタンプ」を販売しています。売上金額は経費を除き三条市へ寄付し、いしぶみの魅力を伝える事業に役立ててもらう予定です。新潟弁を話しているいしぶみがとってもかわいいです。普段使いや話題づくりにぜひチェックしてみてください!(全16種類、120円)
https://line.me/S/shop/sticker/author/1856929

三条市地域おこし協力隊(下田チーム)の最新活動情報はこちら
Facebook
Twitter
Instagram
YouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA